Loading the new Help Center
Loading the Help Center

Twist を使ってディープ・ワークを行う方法

困難な問題を解決する時には、注意散漫のない集中した状態で仕事ができる時間と空間が必要です。

ディープ・ワークとは、認知能力が必要とされる仕事に注意散漫なく集中する能力のこと。複雑な情報を素早く処理し、より少ない時間でより良い結果を生み出すスキルのことだ。— カル・ニューポート、Deep Work

Twist はディープ・ワークの実現をお助けします。Twist を使って注意散漫を減らし、集中力を高め、最高の仕事をする方法は以下のとおりです。

通知をスヌーズする

Twist はアクティブで協力的なチームワークに適していますが、インターネットから離れて注意散漫のない時間を作れるようにデザインされたツールでもあります。

Twist では通知をスヌーズしてディープ・ワークの状態に達し、プロジェクトに集中することができます。また、Twist は非同期コミュニケーションを推奨しているため、重要なことを見逃す恐怖に悩まされることもありません。

加えて、特定の時間(例: 午前 9 時から午前 11 時 30 分までなど)または特定の曜日(土曜日と日曜日など)の間は通知を受け取らないように、スヌーズをスケジュールすることもできます。これにより、例えば朝のコーヒーの後や、子供を寝かしつけた後など、あなたの生産性が最も高い時間帯に重要な仕事に取り組むことができます。

「…もしあなたが夜の時間をメールチェックや返信に使っていたり、夕食の後に期限が近い仕事を間に合わせようと数時間仕事をしている場合は、脳の回復に必要な休息の時間を奪っていることになる。これらの仕事にわずかな時間しか割いていない場合でも、注意力回復に必要な深いリラックス状態に入るのを妨げてしまう」 カル・ニューポート、Deep Work

特定の通知をオフにする

Twist では、どの通知をどのプラットフォームで受け取るかを設定できます。最も集中を阻害する通知だけをオフにすることで、完全にスヌーズをオフにする必要がない時にでも集中を保つことができるようになります。

例えば、モバイル通知をオフにすれば、スマートフォンの通知で集中が途切れることもなくなります。

すぐに反応しない

Twist は、非同期コミュニケーションを原則として開発されました。つまり、コメントに対する即レスは期待しないのが前提ということです。スレッドは現在進行中のディスカッションを詳細に整理するため、急いだ返信ではなく、よく考え抜かれた返信がより重要になります。

リアルタイムでコミュニケーションをする習慣は簡単に改善できるものではありません。私たちもそうでした。しかし、組織全体が非同期的コミュニケーションに慣れることで、より穏やかで、思いやりのある仕事環境が生まれていることに気づくはずです。

すぐに返信する必要がない時、もっと楽に仕事に深く集中できるようになります。大事な情報は常にスレッドに整理されているので、何か見逃す心配もありません。

この記事は役に立ちましたか?

10人中10人がこの記事が役に立ったと言っています