Loading…

Twist を使って穏やかで集中できるチームワークを実現する方法

偉業を成し遂げるには、チームワークが不可欠です。しかし、チームワークはただ人を集めれば良いというわけではありません。チームと効率的に協力するためには、メールやリアルタイム チャット、プロジェクト マネジメント ツール、ミーティングなどのバランスを取る方法をチーム メンバーに明示すべきです。事実、コミュニケーションの取り方をただ人任せにしているだけでは、多くの場合チームの生産性は下がり、体系的なチームワークの確立はできません。

この理由を以下で説明します。

  • メールは古いテクノロジーで、チーム内でのコミュニケーションの共有が難しく、まとまりのない受信ボックスに埋もれてしまいます。
  • リアルタイムのグループ チャットは集中力を阻害し、重要な会話やデータを体系的に記録しておくことが困難です。
  • プロジェクト マネジメント ツールは、多くの場合チーム メンバー同士のコミュニケーションを促す方法に欠けます。
  • 多くの場合、ミーティングだけが、メンバー同士が意見を出し合える場となっています。けれど、月に数回のミーティングに留まらず、話し合いや協力を積極的に行える場がもっと必要です。

これらが Twist の開発に至った理由です。弊社は、チーム コミュニケーションにおけるこれらの問題の解決を目指して、これまで邁進してきました。Doist は、30 以上の国にまたがる、100 人以上で構成されたチームで、2015 年にSlackメールから Twist に切り替えて以来、穏やかで体系的かつ生産的なチームワークを実現しています。

これらの経験を元に、他のツールと Twist の違いや、Twist がチームワークを向上させる理由についてお話しします。

Twist vs グループ チャット

グループ チャットは進行が早く、情報が断片化します。何について話し合っているのか、その文脈や背景を把握しにくく、情報の場所も特定し辛くなります。時に会話が複数のメッセージ アプリにまたがって進行するため、常に通知をチェックしていなければついていけません。参加しないまま、話し合いが終了してしまうこともあります。

Twist では、トピックごとにディスカッションを整理します。つまり、関係ある人のみが会話のスレッドに参加し、焦点を絞った会話をすることができます。

Twist のコミュニケーションは非同期のため、ユーザーは「すぐに返信をしなくては」という不安に駆られることがありません。オンライン / オフライン ステータスの表示がないため、即レスのプレッシャーから解放され、時間をかけて思考を整理し、返信の内容をまとめることができます。

Twist vs メール

メールは少人数でコミュニーケーションを取る際に便利ですが、チームワークのツールとしては非効率です。例えば、チームで行った重要なディスカッションの内容などが、後から見つけにくいといえます。メールのスレッドは時間が経過するにつれ他のメールに埋もれ、そもそもメールを受信しなかった人たちは、アクセスすることができません。

後からその情報が必要になった時には、元のメール作成者にそのメールを転送してもらうよう依頼する必要があります。つまり、新しくプロジェクトに参加した人などが重要な情報を参照する術がないということです。これらの情報を共有するには全メールを転送する必要があり、さらにメールが体系的に整理されていることは稀なため、必要な情報を検索するのに時間もかかります。

Twist では、チーム全員が会話を閲覧することができ、自分の時間軸に合わせて返信できます。会話はデフォルトで公開されるため、新しいチームメイトも Twist に参加次第、難なくチームの重要なディスカッションを把握できます。何通もの長いメールを転送しなくても済むのです。

Twist は、チームの全コミュニケーションを共有する場所です。チーム メンバーは簡単に最新情報を把握することができ、他の人に尋ねて回らなくても情報を見つけることができます。

Twist vs ミーティング

ミーティングは時に有益ですが、そうでないこともよくあります。大勢の仕事を中断して直に問題を話し合い、その内容をあとから書き起こして配布する必要があります。たいてい、他のディスカッション内容もミーティングのメール スレッドにタグづけされるため、整理するのがさらに面倒になります。

Twist はチーム内の話し合いの場として最適です。問題を提起し、しっかりと話し合い、スレッドの中で結論を出すことが可能です。あとから誰もがその情報にアクセスすることができ、何日、何週間、何年後でも内容を更新することができます。

Twist のチームワーク向上のヒント

以下は、Twist を使ってさらに穏やかで集中できるチームワークを実現するためのヒントです:

  • 「毎週の進捗報告」スレッドを作成して、チームメイトが先週取り組んだこと、また今週取り組むことを共有しましょう。
  • 一般チャンネルは、新しいチーム メンバーに関する人事報告や四半期報告、新しい提携先の発表など、チーム全体に関係する重要情報を投稿するのに最適です。
  • 1 人や数名のチームメイトとカジュアルで端的な会話を行いたい場合は、メッセージを使いましょう。そうすればチーム全体ではなく、話す必要がある人だけに通知すれば済みます。メッセージを 3 人以上に送信する必要がある場合は、スレッドを投稿する方がいいでしょう。
  • Doist では、社員が休暇などを取る時は、Twist からログアウトするように勧めています。私たちは仕事とプライベートのバランスを取ることを非常に大切にしており、インターネットから離れ、鋭気を養えるよう、Twist をデザインしました。Doist のワークライフ バランスとその考え方の詳細はこちらをご参照ください
  • ディープ・ワークに関するインスピレーションやアイデアをチームと共有しましょう。1 日 8 時間もグループ チャットに接続していれば、頑張って仕事をしていると考えてしまいがちです。しかし、困難な問題解決やプロジェクトの前進には、途切れなく集中する時間が必要です。Twist はそのパズルの 1 ピースにすぎません。

Twist をご利用いただくことで、あなたのチームが、より穏やかで体系的かつ生産的なチームワークを実現できることを願っています。

Twist の活用方法についてのさらなる詳細については、お気軽に feedback@twist.com までお問い合わせください。

この記事は役に立ちましたか?

16人中15人がこの記事が役に立ったと言っています