Loading…

Google カレンダーと Twist を連携する

Twist と Google カレンダーを連携させることで、Twist を最大限に活用することができます。このGoogle カレンダー拡張機能を使えば、Twist で予定されているミーティングをチェックできるだけでなく、どのプラットフォームでも、スレッドやメッセージから直接ミーティングをスケジュールしたり、参加したりすることができます。

連携機能を設定する

  1. Twist ウェブ アプリでメッセージ/スレッドを開きます。
  2. Twist コンポーザーの中にある、Web-Format-quick-actions.svgクイック アクション アイコンをクリックします。
  3. 連携機能を探すを選択します。
  4. 連携機能のリストから Google カレンダー を選択します。
  5. Twist に追加するを選択します。
  6. 連携機能をインストールをクリックします。
  7. (オプション)デフォルトでは、この連携機能は、あなただけにインストールされます。あなたがチームの管理者の場合、チーム全体にインストールするかどうかを選択できます。
  8. インストールをアップデートをクリックします。
この連携機能は、ウェブまたはデスクトップ アプリのみでインストール/アンインストールでき、モバイルアプリではインストール/アンインストールできません。この連携機能は、一度インストールすれば、すべてのプラットフォームでご利用いたただけます。

連携機能を使う

  1. Twist でメッセージまたはスレッドを開きます。
  2. Twist コンポーザーの中にある、Web-Format-quick-actions.svgクイック アクション アイコンを選択します。
  3. Google カレンダー を選択します。Google アカウントにログインしていない場合は、ログインを求められます:
    • Googleでログインを選択します。すると、新しいウィンドウが開き、Google アカウントにログインできます。
    • はじめてログインする際、次の事項を必ず許可するようにしてください:「すべてのカレンダーでイベントを表示/編集する」と「Google カレンダーでアクセスできるすべてのカレンダーを表示/ダウンロードする」:image__21_.png
      • 続けるを選択します。
      • Twist に戻ります。
      • ログイン後、続けるを選択します。
  4. これで、近日に予定されているミーティングの概要が見れます。少なくとも 1 つのミーティングを設定している場合、以下のオプションが選べます:
    • 共有を選択すると、すでに設定したミーティングを共有できます。これにより、ミーティングの情報(日時、時間、ゲスト、ミーティングのリンクなど)を含む投稿が作成され、メッセージやスレッドで共有することができます。
  5. また、自分のミーティングを設定するオプションもあります:
    • 右上にある+ アイコンを選択するか、ミーティング リストの一番下までスクロールして + スケジュールをクリックします。
    • ミーティングのタイトル、日時、時間など、会議の詳細を入力します。ゲストのメールアドレスを入力して招待することもできます。
    • ミーティングの詳細をすべて入力したら、スケジュールを選択します。
ミーティングにゲストを招待する際には、各ゲストのメールアドレスの間にコンマを入れるようにしてください。

ミーティングの招待メールにスレッドまたはメッセージのすべての参加者を入力します

参加者の入力を素早く行うために、ミーティング作成時に Twist のスレッドまたはメッセージのメールアドレスを自動入力するオプションをオンにすることができます。やり方は以下の通りです:

  1. Twist でメッセージまたはスレッドを開きます。
  2. Twist コンポーザーの中にある、Web-Format-quick-actions.svg クイック アクション アイコンを選択します。
  3. Google カレンダーを選択します。
  4. + アイコンを選択するか、ミーティング リストの一番下までスクロールして + スケジュールを選択します。
  5. ゲストの横で、(スレッドの場合)スレッドの参加者を加えるまたは、(グループ メッセージの場合)会話の参加者を加えるを選択します。
  6. このオプションをはじめて利用される場合、Twist にログインするように求められます:
    1. ログインを選択します。
    2. 新しいページが開き、承認を選択します。
    3. Twist に戻り、続けるを選択します。
  7. (スレッドの場合)スレッドの参加者を加えるを、(グループ メッセージの場合)会話の参加者を加えるを選択します。これで、ミーティングの招待メールにスレッドまたはメッセージの参加者が自動的に追加されます。

インスタン トミーティングの設定方法

すぐに会議を設定したい場合は、以下の手順でインスタント ミーティングのリンクを作成することができます:

  1. Twist でメッセージまたはスレッドを開きます。
  2. Twist コンポーザーの中にある、Web-Format-quick-actions.svgクイック アクション アイコンを選択します。
  3. Google Meet を選択します。
  4. これでミーティングのリンクが作成されました。

カレンダーを切り替える方法

Twist では、複数のカレンダーのイベントを同時に表示することはできません。複数のカレンダーをお持ちの場合は、以下の手順で Twist で表示するカレンダーを選択することができます:

  1. Twist でメッセージまたはスレッドを開きます。
  2. Twist コンポーザーの中にある、Web-Format-quick-actions.svg クイック アクション アイコンを選択します。
  3. Google カレンダーを選択します。
  4. 右上の歯車アイコンを選択します。
  5. カレンダーの下にあるドロップダウンメニューを使い、表示したいカレンダーを選択します。
  6. 保存を選択します。

よくあるご質問

連携機能を削除するにはどうすればいいですか?

Google カレンダー と Twist の連携機能が不要になった場合は、この記事にある手順に沿って連携機能を削除してください。

この連携機能をインストールできないのですが、なぜですか?

この連携機能のインストールに問題が生じている場合、チームの管理者がセキュリティの設定でこちらのオプションを無効化した可能性があります。

インスタント ミーティングを作成したところ、Google カレンダーに「Adhoc meeting」というイベントができてしまいました。これを削除することはできますか?

はい、削除できます。インスタント ミーティングを作成すると、連携機能によって選択した Google カレンダーにイベントが作成され、すぐに削除されます。このイベント(Adhoc Meeting)が Google カレンダーに表示されている場合は、何か問題があってイベントが正しく削除されなかったためです。

この記事は役に立ちましたか?

1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています