Loading…

時間に追われず非同期的な働き方をするには

メールやチャット通知に常に翻弄され、立て続けの会議に追われる私たちの働き方は、機能していません。あなたのチームが次々と襲い掛かるリアルタイム、同期型のコミュニケーションに疲れ切っているのなら、非同期型を試してみるときです。

非同期型のコミュニケーションとは?

非同期とは、会議やインスタントメッセージなどのコミュニケーションをリアルタイムではなく、自分の時間軸に合わせて行うという意味です。

リモートワークは場所を問わない働き方。非同期型は時間を問わない働き方です。Twist ならこの 2 つを同時に実現できます。場所や時間を問わず、チームとあなたがベストな方法で協力できます。

非同期の革命に参加しよう (現在英語版のみご利用いただけます)

始め方

リアルタイムのチャットから非同期型のチームコラボレーションに移行する際のヒント:

会議をスレッドに移行する:

リアルタイムの会議を非同期型のスレッドに変えることで、貴重なカレンダーの空白を増やすことができます。さらに、誰もが後で情報を参照できるようになります。まずは週ごとのスタンドアップミーティング(※訳注:15分程の短い会議)などから始めてみましょう。

teamcheck-in.png

繰り返し用いるスレッドは、Team Check-in 自動化を使って投稿できます。この自動化は連携機能の設定からインストールできます。

すべての詳細をスレッドにまとめる:

必要な全てのコンテキスト(文脈や背景)とお願いしたい仕事や締め切りを事前に明確に提示することで、不要なやり取りを省略できます。

集中力が必要な仕事の時間枠を確保する

集中力が必要な仕事のために時間をブロックしましょう。通知をオフ、またはスヌーズにするか、シンプルに Twist を閉じます。会話についていけなくなることはありません。戻ったときにいつでもインボックスで簡単に見つけることができます。

非同期型についてさらに詳しく

非同期的なコミュニケーション:どのようなもので、働き方をどのように変化させるか

あなたのチームを非同期型コラボレーションに導く方法

非同期的なコミュニケーションとリアルタイムコミュニケーションの使い分け

この記事は役に立ちましたか?

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています