Loading…

始め方、4つのステップ

Twist を自在に使いこなすために必要な最初のステップは以下のとおりです。

1. チャンネルを作成するか、チャンネルに参加する

チャンネルは話し合った内容を整理し、閲覧可能、検索可能な状態にします。しかし、万能な方法はありません。

チャンネルを以下のもので整理してみましょう:

  • 部署:会話をチーム別に分けます。例:デザイン、フロントエンド、モバイル
  • プロジェクト:部署を超えた仕事を追跡します。
  • クライアント:社外の顧客や依頼人のために働く場合

Screenshot of a Twist workspace with five channels, the product launch channel is on screen.

Twist のSlack インポート ツールを使えば、チャンネルやメンバーすべてをSlackからスムーズに移動することができます。

チャンネルの例をもっと調べる

2. 最初のスレッドを作成する

Twist のすばらしさはスレッドにあります。トピックに沿った話し合いを行うことで、話題に集中し、会話の内容を整理することができます。

スレッドを開始して、以下のことを行ってみましょう:

  • 予定されているプロジェクトのために、アイデアを出し合う
  • チーム全体に知らせる
  • 週ごとに行うスタンドアップ ミーティングを Twist で行う

Screenshot of a thread called removing the typing indicator in both desktop and mobile.

スレッドでは、チャンネルの全員ではなく、関係者のみにタグ付けします。そうすると、適切なインボックスに表示されるので、他に興味がある人も時間のあるときに確認することができます。

スレッドとメッセージの使い分け

3. インボックスの優先順位をつける

インボックスには、あなたがタグ付けされているすべての新しいスレッドアクティビティが集められるので、自分に関係する話題をすばやく把握することができます。スレッドを開いて読み、返信、完了マークを付け、インボックス ゼロを達成しましょう!

GIF of someone marking threads in their inbox done until they get to Inbox Zero and receive a message: freedom to work whenver, wherever.

完了マークを付けたスレッドは完了にあります。 閲覧するには(デスクトップでは最初にGを、次にEを押し、モバイル端末のインボックスからは フィルターアイコン をタップ)します。過去のスレッドを参照するには、+を押します。

4. ツールを連携する

Twist 単体だけでもパワフルですが、ご利用の他のアプリと連携すると時間を節約でき、集中力も維持できます。すべての連携機能を見るには、最初にO、次にSを押し、連携を押します。

  • Todoistでコメントをタスクに変更できます。
  • Zoomで(不定期)ミーティングのスケジュールを立てることができます。
  • GitHubでスレッドから直接問題を作成できます。
  • Zapierでカスタム自動化を構築できます。

Screenshot of the browse integrations tab in Twist settings where you can connect Calendly, GitHub, GitLab, Google Calendar, Jitsi, Skype, and Zoom.

この記事は役に立ちましたか?

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています